管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション売買

どのマンションの資産価値にも影響するもの!

2017年10月18日

 

永住するつもりで購入したマンションでも、急な転勤、転職、様々な事情により、マンションを手放したり、賃貸で人に貸すときがある。

そんな時に普段あまり気にしないマンションの価値というものが外部から評価される。

最初から投資目的でマンションを購入するのなら、マンションの価値を意識するだろうが、多くの方は、自分たちが住むためにマンションを購入するから、外部の評価などあまり意識することはない。

よく不動産会社や管理会社が「資産価値」という言葉を使用するのだが、外部から見たマンションの価値として用いられる言葉である。

だから当事者であるマンションの所有者は、この言葉を聞いてもあまりピンと来ないのが当たり前なのかも知れない。

だがしかし、マンションを手放すとき、賃貸で人に貸すときに、深く関わることだけは知っておく必要があろう。



マンションの価値というのはどこを見て評価されるのだろう。

立地、周辺環境、築年数、規模、管理状況

これらが評価の対象となる。他にもいくつか挙げられるが、大きくはこの5つである。

立地、周辺環境、築年数、規模、この4つは変えようがない。

だがしかし、管理状況はそこに住まう人たちの意思(考え方ひとつ)で変えることができる。これはどのマンションにも共通する価値と言える。

管理状況とは、広義には住みやすさ、快適さ、安全性、コミュ二ティ、組織の活動状況、金銭的な負担部分などを指すのだが、どれも大切で必要不可欠なものとなる。これは外部の評価を得るためのものではなく、住む上で必要になるものだ。

自分たちが良しとしないものは、外部から見ても評価されないということになる。

逆に自分たちが気付かない部分を外部から評価されることもある。

双方の考え方や価値観を持つ、これからのマンション管理には必要なことではないだろうか。

 

 


 



-マンション売買

執筆者:

関連記事

マンションの市場価格について考える!

  マンションは経年とともにその価値が下がっていく。最近はちょっとした不動産のバブル期だから首都圏の人気エリアにおいては、新築価格よりも高い値段で中古マンションが売買され、現世においてはとて …

マンションの情報が知らないところで流出している?

  マンションの売買契約において、不動産会社(宅地建物取引業者)は契約締結前に重要事項説明を行う必要がある。その説明の際に必要となるのがマンションの管理に関わる情報だ。 その情報を入手するた …

余白




プロフィールタイトル

著者のプロフィール

02[1]

02[1]

はじましてkurumiと申します。
マンション管理業界、建設業界の裏側を知っていただきたい。そして問題意識をもっていただきたい。元業界人が本音で語るブログサイトです。

バナー画像

バナー画像

おすすめ記事タイトル

著者のおすすめ記事

余白

サイドバナー1

サイドバナー1

余白

サイドバナー12

サイドバナー12

人気記事タイトル

人気記事ベスト10

余白

余白

余白

カテゴリータイトル

カテゴリー

アドセンス広告




ブログランキング参加中/タイトル

ブログランキング参加中

余白

マンション管理バナー

マンション管理バナー2

pagetop