管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理 管理費削減

マンションの管理支出を下げるポイント!

2017年9月25日


 

戸建住宅とマンションの違い、それは、同じ住宅でもマンションにはスケールメリットがある。スケールメリットとは、同種の物が多く集まることにより、単体よりも大きな効果をもたらすことを意味する。

戸建住宅は1つ、それに対し50戸のマンションなら戸建住宅の50倍になる。

1:50 ☜ この差は大きい!



マンションの各住戸に設置されているもの、その多くは同じものだ。例えばメーターボックス内に収納されている給湯器、住戸内のインターホン、これらは新築時には同機種が設置され、十数年後には交換を要する。

マンションによっては、一斉に交換するケースも見受けられる。その場合、1台当りの工事費用を安くすることができる。

これがスケールメリットであり、マンション特有のメリットといえる。

マンションに設置されている多くの設備が同機種だから、このスケールメリットを活かすことで節約効果が期待できる。

一斉に交換するのなら計画性が必須となる。共用部分に該当する設備は長期修繕計画に盛り込むなど、事前の周知と準備が欠かせない。

単体の交換が重なれば、結果的に割高な費用を支払うことになる。スケールメリットを十分活かす、これが管理支出を下げるポイントといえよう。

専有部分に該当する設備は、広報やアンケートなどで対象者を募る。そこまで行える管理組合であれば、私はそのマンションに住みたいと思う。

 

 


 



-マンション管理, 管理費削減

執筆者:

関連記事

マンション管理|他人任せは自分の身に降りかかる!

  マンション管理は「他人任せ」はダメ、これが通説になっているのだが、視点を変えるともっと理解が深まる。 今回、これについて語りたい。   マンション管理は誰が行う マンション管理 …

管理会社の提案力って何?

  マンション管理会社のホームページを拝見すると「提案力には自信があります!」、このフレーズをよく見かけるのだが、マンション管理会社の提案力ってそもそも何なのか、そこを逆に問いかけたくなる。 …

総会議案は管理会社が決めるべきでない!

  毎年開催される通常総会(定期総会)の議案には、定番の議案とイレギュラーな議案の2つがある。 定番の議案 定番とは、通常総会で必ず決議を要する議案のことを指す。収支決算、事業報告、収支予算 …

情報収集は自ら行うことが大切!

理事会で協議する際は、事前にテーマ(議題)を理事役員に周知すべきである。理事会当日にテーマを公表されても有意義な理事会にはならない。次回に持ち越しというパターンになりがちだ。 効率よく理事会を行うため …

ここを見ればマンションの良し悪しが分かる!

自分の住んでいるマンションが外部からどのように評価されているのか、何かのきっかけがなければそれを意識することはないと思う。   中古マンションの購入者向けの情報サイトに、マンション管理に関す …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop