語り

マンションという財産を自分達で守る!

2017年8月10日

 

マンションをキャッシュで購入するにしても、住宅ローンを組んで購入するにしても、所有した時点で自分にとって貴重な財産となる。

その財産を守るのは誰なのか、改めて聞かれると「自分」と答えられる人がどれくらいいるだろう。

 

貴重な財産でありながら、守ることに関して感心や興味を持たない、これが常態化されているのだ。

守るとは、我が子を守る、そのように考えれば理解できよう。愛着を持って接し、病気をしないように健やかに育てる。マンションに置き換えるなら、感心を持って健全なマンション管理を行うになろう。

だがマンションの場合、この守るができていないのだ。そこには管理会社の存在が大きい。

自主管理の場合、誰も助けてはくれない、だから自分達でやるしかない。守る術を自発的に学んでいる。これがマンション管理の本来あるべき姿といえよう。

管理会社がいる、管理会社が守ってくれる、そのように多くの管理組合が錯覚しているのだ。管理会社は当事者ではないから、マンションを守ることなどできない。

管理会社ではマンションは守れない。私は管理会社時代にそれを悟った。管理会社と管理組合は価値観が全く異なる。それが守れない理由である。

管理会社の価値観とは儲け主義にある。稼ぐための管理ということだ。そこには住人視点の考え方は存在しない。汚い表現になってしまうが「財産を守るどころか食い潰す」この言葉が相応しい。

そのような環境下で、それに気付かないままマンション管理が行われている。管理会社の存在が守る術を喪失させているのだ。

守る術を既に知っている管理組合は、きっとこれらの意味が理解できよう。

財産を守れるのは自分しかいない。そのマンションの管理組合しか存在しないのだ。

それに気付けば、自分たちのマンションを自分たちで考える、この発想が生まれる。もっと良い方向にマンション管理を変えることができるのだ。

財産を守ることは大変である。それは子供の育児と同じである。だが共に愛着があるから苦難は乗り越えられる。

 








-語り

執筆者:

関連記事

屋上の点検から見えてくるもの!

  自分たちが住んでいるマンションの建物点検は、いつ誰が行っているのだろう。 その問いかけに対して「委託先の管理会社が行っている、毎月かな?」、そんな回答が返ってきそうだが… 「 …

平成30年度マンション総合調査から見えてくるもの!

国土交通省は、マンション管理の実態を把握するために5年毎に管理組合を対象としたアンケート形式の調査を行っています。 今年4月に公表された「平成30年度マンション総合調査」の中で気になった項目をまとめて …

こんなマンションには住みたくない!

  マンションなどの共同住宅は、私生活の集合体であり、互いに身近にいるから色んな情報や噂話が飛び交う。普段生活する中で耳を塞ぎたくなるような話を聞かされることがある。 聞かされる? そう、そ …

配慮が増えればマンションはもっと良くなる!

  マンションには価値観の違う人間同士が暮らしている。この価値観の違いによって、様々な問題が多く潜んでいる。 私は長らくマンションに住んでいるが、気の合う人、そうでない人がいる。人それぞれ考 …

本音で語れるマンション管理のパートナー!

  パートナーとは共同で仕事をする相手のことを指す。 同じ目的(目標)に向かって互いに協力し合う、とても素敵なことだと思う。 管理組合にとってのパートナーって誰だろう。 そのマンションの所有 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事