管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

マンションという財産を自分達で守る!

2017年8月10日

 

マンションをキャッシュで購入するにしても、住宅ローンを組んで購入するにしても、所有した時点で自分にとって貴重な財産となる。

その財産を守るのは誰なのか、改めて聞かれると「自分」と答えられる人がどれくらいいるだろう。

 

貴重な財産でありながら、守ることに関して感心や興味を持たない、これが常態化されているのだ。

守るとは、我が子を守る、そのように考えれば理解できよう。愛着を持って接し、病気をしないように健やか育てる。マンションに置き換えるなら、感心を持って健全なマンション管理を行うになろう。

だがマンションの場合、この守るができていないのだ。そこには管理会社の存在が大きい。

自主管理の場合、誰も助けてはくれない、だから自分達でやるしかない。守る術を自発的に学んでいる。これがマンション管理の本来あるべき姿といえよう。

管理会社がいる、管理会社が守ってくれる、そのように多くの管理組合が錯覚しているのだ。管理会社は当事者ではないから、マンションを守ることなどできない。

管理会社ではマンションは守れない。私は管理会社在籍中にそれを悟った。管理会社と管理組合は価値観が全く異なる。それが守れない理由である。

管理会社の価値観とは儲け主義にある。稼ぐための管理ということだ。そこには住人視点の考え方は存在しない。汚い表現になってしまうが「財産を守るどころか食い潰す」この言葉が相応しい。

そのような環境下で、それに気付かないままマンション管理が行われている。管理会社の存在が守る術を喪失させているのだ。

守る術を既に知っている管理組合は、きっとこれらの意味が理解できよう。

財産を守れるのは自分しかいない。そのマンションの管理組合しか存在しないのだ。

それに気付けば、自分たちのマンションを自分たちで考える、この発想が生まれる。もっと良い方向にマンション管理を変えることができるのだ。

財産を守ることは大変である。それは子供の育児と同じである。だが共に愛着があるから苦難を乗り越えられる。

 

 

 


 



-語り

執筆者:

関連記事

身勝手な意見を言う人に共通すること!

  私が管理会社時代に決して口にしなかったが、業界を去った今だから口に出して言えることがある。それは、住人の身勝手に思えた発言である。 もしかしたら、気分を害する方もいらっしゃるかも知れない …

物事をはっきり言う人は嫌われる?

  社会集団の中で、物事をはっきり言う人がいる。☞ (ちゃんと自覚しています…w) 社会には、縦社会と横社会の2つが存在する。縦社会の代表格が企業である。そして学校も縦断的に層化 …

出る杭は打たれる!

  「間違いを正す」、これって簡単そうで実は難しいことである。これは現代社会、そして管理組合内においても同じことがいえる。 集団という社会は、本当にしがらみが多い。 理事長、理事役員の中には …

間違いだらけのマンション管理|このブログを始めて半年目

  早いもので、今年も残りあと3ヶ月、このブログを始めたのが今年の4月だからちょうど半年を迎える。 マンション管理のブログを書いても、面白くもないネタだから誰も読まないだろうって、最初の頃は …

久しぶりの里帰りそこで知り得たこと!

  私の子供時代に過ごした故郷は、市の人口が7万人の小さな田舎町である。ここ10年の人口は増えてもいないし、減ってもいない。正確にいえば、日本人の人口は減っているのだが、外国人住民が増えてい …

余白




プロフィールタイトル

著者のプロフィール

02[1]

02[1]

はじましてkurumiと申します。
マンション管理業界、建設業界の裏側を知っていただきたい。そして問題意識をもっていただきたい。元業界人が本音で語るブログサイトです。

バナー画像

バナー画像

おすすめ記事タイトル

著者のおすすめ記事

余白

サイドバナー1

サイドバナー1

余白

サイドバナー12

サイドバナー12

人気記事タイトル

人気記事ベスト10

余白

余白

余白

カテゴリータイトル

カテゴリー

アドセンス広告




ブログランキング参加中/タイトル

ブログランキング参加中

余白

マンション管理バナー

マンション管理バナー2

pagetop