管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

マンション管理組合運営|意見と文句は違う!

2018年2月16日

 

社会生活を送っている中で、たまに意見とか文句を言われたりすることがある。そんなときに私は、それが意見なのか、文句なのかを瞬時に見極めようとする癖がある(笑)。

なぜこのような癖がついてしまったのか(笑)、それは管理会社時代の経験を通じて培かわれたことなのかも知れない。

一般的に使用されている「クレーム」という言葉があるが、日本語に訳すと「苦情」という意味にあたるのだが、言われた本人からしてみれば、仮にそれが意見であったとしても苦情に思えたりすることがある。当然文句は苦情の典型となろう。

私が管理会社時代に、社内でよく聞かせれた言葉がクレームである。「〇〇マンションの居住者の方からクレームの電話が入っています。」…

実際に話を聞いてみると意見であったり、要望であったり、相談であったりもする。明らかにクレームとは異なる。

クレームというものはそもそも存在しない、これが私の持論である。

最初からクレームだと思い込むことに問題がある。

意見とか、要望とか、相談があって、それに正しく向き合わなければ、苦情を生んでしまうことはあるだろう。

結果として、解決できない、満たされない、その先にあるものが苦情とか文句とか不満になると思う。ただし、そうなるまでの過程が正しければ、きっと多くの方は納得せざるを得ないだろう。

人によっては、最初から文句を言われる方もいるし、罵声で怒鳴りちらかす人もいる。その前の過程もなく、突然そのように言われるのであれば、もはやそれは苦情ではなく言い掛かりと言えよう。

文句というのは、愚痴と何ら変わらない。

意見と文句というのは明らかに異なる。意見というのは建設的な考え方がそこにあるからだ。

だから人の意見は互いに聞くべきだと思う。意見を聞くというのは人を敬うことでもある。

これって、社会において必要なことだと思うし、マンション管理組合の運営面においても大切なことではないだろうか。

なので、私は意見と文句を識別するのが癖になっている(笑)。

 




-語り

執筆者:

関連記事

こんなマンションには住みたくない!

  マンションなどの共同住宅は、私生活の集合体であり、互いに身近にいるから色んな情報や噂話が飛び交う。普段生活する中で耳を塞ぎたくなるような話を聞かされることがある。 聞かされる? そう、そ …

モンスタークレーマーだと決めつけるその前に!

昔からよく耳にする「クレーマー」という言葉、これが最近では「モンスタークレーマー」という言い方に変わってきた。きっと、そこには圧倒的な存在感と影響力を持つ「モンスター」がいるのだろう。もちろん違う意味 …

松下幸之助の名言から学んだこと!

  あのパナソニックを一代で築き上げた「松下幸之助」、経営の神様として称され、彼が残した功績、そして経営哲学は後世に語りつがれている。 私がマンション管理会社の新米時代に、失敗ばかりしてよく …

分譲マンション|人口減少でマンションはどう変わる!

  日本国内の住宅ストックは今や過剰とまで言われている。総務省統計局の住宅・土地統計調査によると2013年時点の空き家は全国で820万戸に及ぶ。この調査は5年毎に実施されているので来年201 …

管理会社に頼めば安心、その根拠はどこにあるのか!

  私は長らく管理会社で働いてきた。そして自ら管理会社を立ち上げた経験を持つ。 管理組合の所有者から「管理会社に頼めば安心」、この言葉に何度救われたことか。工事などを受注する際に総会、理事会 …

余白




余白

余白

著者のプロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧数トップ10

著者のプロフィール

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop