防災対策

マンションにおける有事の際の避難方法について考える!

2022年4月27日

 

 

私の住んでいる地域では、昨年から今年にかけてマンション火災が頻発し、身近なところで火災が起きているから対岸の火事とは思えません。

 

 

また、最近日本各地で地震が頻発しています。いざという時のために災害への備えとか、避難方法について、管理組合内で話し合うことはとても重要なことだと思います。

 

防災というのは、共助という考え方が必要不可欠ですが、特にマンションなどの集合住宅においてはこの考え方は大事です。

 

コロナ禍において消防訓練を自粛したり、消防訓練が行われていないマンションもあるでしょう。実際に火災が起きた場合、避難方法がとても重要になります。

 



 

私の住んでいるマンションでは先月消防訓練を行いました。そこで避難方法について高齢者の方たちからいくつか質問が出ました。

 

ベランダに設置している避難ハッチについて、「怖くて下には降りれない」「足が悪くて降りることができない」…

 

出典:ナカ工業株式会社

 

全ての居住者が利用できる設備ではないことを、初めてそのときに気付かされました。そこで避難ハッチについて調べてみると、他にも種類があることを知り得ました。

 

消防訓練の意義は、訓練のみならず実情を知り、その解決策を見出すきっかけになったりもします。

 

避難ハッチが使えない場合の避難方法について、一度管理組合で考えてみるのも大切なことだと思い、今回記事に取り上げました。

 

 








-防災対策

執筆者:

関連記事

台風は本当に怖い!そこから得られた5つの教訓!

  この度の台風19号により被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。   予測不能、それが天災の脅威 台風というのは毎年夏から秋にかけて20~30発生し、その多くが日本列島 …

マンションの災害への備え|防災備蓄品について!

  自然災害の多い日本 日本は外国に比べて、台風、集中豪雨、洪水、土砂災害、地震、津波、火山噴火などの自然災害が発生しやすい国土と言われれいます。 日本の国土の面積は、全世界のたった0.28 …

マンション火災は本当に怖い!

  寒い季節になると増えるもの、それは火災である。   マンションは、鉄筋コンクリートなどの耐火構造で作られているから延焼しづらい、つい最近まで私はそのように感じていた。 今年6月 …

マンションの災害への備え|防災リュックについて!

  最近の新築マンションは、地震対策が施された仕様になっています。揺れて感知して消火するガスコンロ、食器が飛び出さない吊戸棚、ドア枠が歪んでも開閉可能な玄関口、閉じ込められないエレベーターな …

分譲マンション|防災対策は自らの意思で行うもの!

  私たちの身近に潜んでいるのが災害です。全国各地で発生している地震や大雨による水害などのニュースは後を絶ちません。 最近では、「未曾有」「記録的」という言葉が用いられるほど予想をはるかに超 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事