管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

防災対策

マンションの断水への備え

2017年7月6日

 

マンションの生活に欠かせないのが電気・水道だ。ガス仕様になっているマンションでは当然ガスも欠かせない。

電気コンセントを押せば灯りがともり、水道のレバーを上げれば水が出る。ワンタッチでこれらが使えるから、とても便利な時代に私たちは生きている。

少し余談になるが、水道のレバーハンドルは下げると水が出るタイプもある。最近はレバーの給水方法は上げるのが主流になっている。地震などで落下物がレバーにあたる(下がる)と水が出てしまう。二次災害に繋がるからこれを防ぐ目的で下げ止め方式(上げ給水)になったと聞く。

普段生活する中で、電気や水道が当たり前に使用できるから、使えなくなったらときの危機管理ができていない。今後、地震や自然災害などにより、停電や断水がいつ起きてもおかしくはない。

当たり前に使用しているものが、もし急に使用できなくなるとしたら…

 

マンションの設備の維持管理は、管理組合で行う必要がある。ある程度の予備知識は持つべきであろう。

今回、「断水の予備知識」、これをテーマに語りたい。

 

停電によって断水する

マンションによって給水方式は色々ある。

▶ 受水槽方式

貯水槽に一時的に水を貯水してから各戸に給水される方式

▶ 直結増圧方式

水道管からの水を給水装置(増圧ポンプ)によって直接各戸に給水する方式

一般的にマンションに普及しているのはこの2つだ。

水道本管から直接給水できるのは4階程度の建物である。それを超える建物では、水道本管の圧力が足りないから、給水ポンプによって圧を加える必要がある。

最近は、貯水槽を用いない直結増圧方式が主流になっている。

これらの給水装置は電気がなければ作動しない。だから、停電が発生した場合に水が止まってしまう。

屋上に高架水槽が設置されているマンションでは、このタンクの中に溜まっている残量分の水は使用できるが、それが尽きれば水が止まる。

停電→ポンプが停止→水が止まる



断水後の水道水には注意

断水後に水を出すと茶色くなることがある。これは管内に付着した錆によるものだ。築40年以上のマンションでは亜鉛メッキ鋼管が使用され、多くのマンションでは硬質塩ビライニング鋼管が使用されている。鋼管では基本として赤水が出る。

最近は、高密度ポリエチレンパイプという赤水が出ない材料を使用しているマンションも増えてきた。

断水後に水道水に含まれるのは錆だけではない。管内に付着している汚れ(水垢)も含まれている。だから、しばらく放水してから使用することをすすめる。

それと、断水後に水の出が悪くなることがある。レバーハンドルの吐水口に取り付けられている網に錆などのゴミが詰まることによってそれが起きる。

なので、レバーハンドルやシャワーなどの水廻りの吐水口キャップや網などの清掃も必要になる。清掃方法については、機器の取扱説明書に記載されているが、紛失されている場合は、メーカーのホームページなどで確認することもできる。

シングルレバーの清掃方法(TOTOホームページ)

 

断水したときに困るのがトイレ

断水の際に困るのがトイレである。本当にこれが使えないと困る。自然現象は抑えることはできないし、我慢すれば体に良くない(笑)。

計画停電であれば、それを事前に知れるから、浴槽に水を溜めるなどの対策は講じれる。だが、突発的なものは対策しようがない。

私の家庭では、空のペットボトルなどに水を入れ、トイレ用として常備している。今は夫婦2人だから数回分にはなると思う。

なぜ、そこまで用意周到なのか、それは昨年冬に、マンションの水道管が凍結して丸1日断水した。そこで得た教訓である。

 

 

トイレの携帯用ペットボトルも市販されている。このペットボトルは車のトランクにいつでも使えるように入れている。

 

 


 



-防災対策

執筆者:

関連記事

水災への備え|吸水土のうは便利?

最近よく耳にするのが、ゲリラ豪雨、都市型水災といった雨水によってもたらさせる災害だ。現在、全国各地で河川の整備が行われているが、完全に防ぐことはできまい。 そこで必要になるのが自主防災である。特にマン …

分譲マンション|防災対策は自らの意思で行うもの!

  私たちの身近に潜んでいるのが災害である。全国各地で発生している地震や大雨による水害などのニュースは絶えることがない。 最近では、「未曾有」「記録的」という言葉が用いられるほど予想をはるか …

分譲マンション|防火管理者について

  6月20日以降、震度5の地震が長野、大分、熊本、北海道で発生している。地震はほぼ毎日起きているのだが、本当に日本は地震が多い国だとつくづく感じさせられる。 決して他人事とは思わずに、防災 …

分譲マンション|地震に対する警戒心を持ち続けよう!

  地震の怖さ いつどこで発生するか分からないのが地震だ。ほぼ毎日地震というのは日本のどこかで発生している。 これだけ多くの地震が起きているのに意外と地震に対する意識が低い。 忘れた頃にやっ …

マンション火災は本当に怖い!

  寒い季節になると増えるもの、それは火災である。     マンションは、鉄筋コンクリートなどの耐火構造で作られているから延焼しづらい、つい最近まで私はそのように感じてい …

余白




余白

余白

プロフィールタイトル

著者のプロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

人気記事ベスト10

カテゴリータイトル

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop