防災対策

消毒用アルコールは火気の近くで使用しないこと!

2020年6月6日

 

新型コロナウイルスの感染予防対策で消毒用アルコールを使用する機会が増えていますが、使い方によっては、火災の原因になるので注意が必要です。

昨日、今朝のニュースで、東京消防庁より消毒用アルコールによる火災への注意喚起が放送されていましたが、感染予防だけに目が向けられるとそれに気付けません。

なので、こういったニュースはありがたく感じます。確か少し前にも注意喚起を促すニュースが流れていましたが、ユーチューブの動画を見付けたので下に貼っておきます。

 

消毒用アルコール火災に注意呼びかけ/東京消防庁

 

ユーチューブ動画 出典:東京消防庁公式チャンネル

 

 

消毒用アルコール火災に注意呼びかけ/東京消防庁

 

ユーチューブ動画 出典:東京消防庁公式チャンネル

 

これから夏場に向けて日差しが強くなり気温がどんどん上がっていきますが、自動車の車内の中に消毒用アルコール容器を置いたままにしておくと、車内の温度の上昇により破裂や火災事故に繋がるようです。

これにも注意が必要ですね。

コロナによって色んなことに気を配らなければならないから、ストレスは溜まります。私は登山が好きなので今一番やりたいこと、それは山頂でおもいっきり大声で叫びたいです(笑)。

 

 

コロナのバカタロー!

 

 








-防災対策

執筆者:

関連記事

マンションの災害への備え|防災リュックについて!

  最近の新築マンションは、地震対策が施された仕様になっています。揺れて感知して消火するガスコンロ、食器が飛び出さない吊戸棚、ドア枠が歪んでも開閉可能な玄関口、閉じ込められないエレベーターな …

分譲マンション|地震に対する警戒心を持ち続けよう!

  地震の怖さ いつどこで発生するか分からないのが地震です。ほぼ毎日地震というのは日本のどこかで発生しています。 これだけ多くの地震が起きているのに、意外と地震に対する意識が低いという実情が …

マンションの台風対策、備えるべきこと!

  毎年夏から秋にかけて発生するのが台風です。毎年20から30発生し、その多くが日本列島に接近しています。ひとたび日本列島に上陸すれば甚大な被害をもたらします。 マンションは強固に作られてい …

分譲マンション|防火管理者について

  防火管理者の設置義務 マンションは、延べ面積が500㎡以上、全体の収容人員が50人以上の建物において、防火管理者の選任が義務付けられている。 店舗などが含まれるマンションでは、不特定多数 …

マンションの浸水対策について考える!

  水災は甚大な被害をもたらす 先日報道された北陸新幹線の車両廃車のニュースを見て驚愕としました。私だけでなく、きっと多くの方がこのニュースを見て驚かれたと思います。(詳しくはこちら&#x1 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事