防災対策

台風は本当に怖い!そこから得られた5つの教訓!

2019年10月17日

 

この度の台風19号により被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

予測不能、それが天災の脅威

台風というのは毎年夏から秋にかけて20~30発生し、その多くが日本列島に接近しています。そこで台風の進路などの様々な情報を私たちはニュースなどで知り得ますが、その台風による被害まで予想するのは困難です。

 

令和元年台風19号においては、数十年に一度という「これまでに経験したことのない危険な台風」という報道が気象庁よりなされ、テレビやネット上のニュースで取り上げられました。そして私の想像を遙かに超える甚大な被害に見舞われました。

自然の猛威には逆らえない…

河川の氾濫を目の当たりにしたときに、人の手では防ぎきれない、そして誰にでも容赦なく襲い掛かることを改めて痛感しました。

 

今回の台風でも発信された緊急速報メール…

 

▶ 警戒速報
▶ 河川氾濫発生
▶ 警戒レベル5
▶ …命を守るための適切な防災行動をとってください…

 

災害に関わる速報というのは、国や自治体、民間のテレビ局がそれを報じますが、その目的は「いち早く身を守る」にあります。

しかしながら、速報を入手しても冷静になって行動に移せる人ってそうはいないと思います。今回のアラームメッセージで「命を守るための適切な防災行動をとってください」、テレビでもこの呼びかけがありましたが、そう言われても具体的にどのように対応すればよいのか正直困惑します。

河川氾濫発生、もうその時には外に出られない可能性がありますし、どこに避難すれば良いのか判断に迷います。

 

今回の台風19号で得られた教訓…

▶ 国や自治体の防災対策には限界がある
▶ 自分の身は自分で守らなければならない
▶ 避難のタイミングというのは周りからの声掛けがなければ自分で判断するのは難しい
▶ 天災に応じた避難場所の事前確認と防災訓練の必要性
▶ 天災への備え

特に周りからの声掛けはとても重要だと思います。

 








-防災対策

執筆者:

関連記事

マンションの台風対策、備えるべきこと!

  毎年夏から秋にかけて発生するのが台風です。毎年20から30発生し、その多くが日本列島に接近しています。ひとたび日本列島に上陸すれば甚大な被害をもたらします。 マンションは強固に作られてい …

マンションの災害への備え|防災備蓄品について!

  自然災害の多い日本 日本は外国に比べて、台風、集中豪雨、洪水、土砂災害、地震、津波、火山噴火などの自然災害が発生しやすい国土と言われれいます。 日本の国土の面積は、全世界のたった0.28 …

分譲マンション|地震に対する警戒心を持ち続けよう!

  地震の怖さ いつどこで発生するか分からないのが地震です。ほぼ毎日地震というのは日本のどこかで発生しています。 これだけ多くの地震が起きているのに、意外と地震に対する意識が低いという実情が …

マンションの災害への備え|防災リュックについて!

  最近の新築マンションは、地震対策が施された仕様になっています。揺れて感知して消火するガスコンロ、食器が飛び出さない吊戸棚、ドア枠が歪んでも開閉可能な玄関口、閉じ込められないエレベーターな …

高層マンション|防炎カーテンの使用の義務付けについて!

  皆さん、 防炎カーテンってご存知ですか?   防炎だから燃えないカーテン…   防炎カーテンって? カーテンの素材が燃えにくく、防炎性能を高めたカーテンの …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事