管理会社

マンション管理会社|独立系は本当にコストが安いのか!

2019年8月3日

 

マンション管理会社は「デべロッパー系」と「独立系」の大きく2つに分かれます。デべロッパー系とは文字通りデべロッパーの系列に属する管理会社を指し、一方の独立系はデべロッパー系列に属さない管理会社のことを指します。

デべロッパー系管理会社は、営業せずに管理物件が受注できるので、管理委託料が高めに設定されています。逆に独立系管理会社は、デべロッパー系のように棚ぼたはありませんから、営業努力により安価な管理委託料を武器に管理物件の受注にこぎつけます。

独立系管理会社は管理委託料が安い、そのように感じている方が多いと思いますが、実際のところどうなのか、今回、独立系管理会社のコストについて語りたいと思います。



独立系管理会社の裏事情

独立系管理会社は、安価な管理委託料を武器に事業を行っていますが、管理会社を変更してもらうには、価格を下げないと受注できませんから、後発組の企業によくみられる価格で勝負するという一種の営業戦略が主流です。

独立系管理会社の管理委託料は安いと感じるのは、元を辿ればデべロッパー系管理会社の管理委託料が高く設定されているので、そこに割安感が生まれます。

デべロッパー系管理会社は、清掃業務、点検業務などの多くを外注で補っています。外注先の業者の業務費用(原価)に中間マージンが加わるから結局のところ割高な価格と化します。

独立系同士の価格競争ともなれば話は違ってきます。ダンピングとも思えるような安値を提示する管理会社が中には存在します。これが曲者です。

管理委託料を低く抑えると薄利、業務項目によっては赤字になったりもします。そこで、建物の修繕工事とか設備の交換工事などで薄利の穴埋めや赤字分を取り戻します。

一番目を引く管理委託料を安くして、他の業務で利益を上げる、簡単に言うとこの手法がよく用いられています。どこかで利益を生まないと企業は存続できませんからね。

ここで注意すべきは、安かろう悪かろうの論理がそこに潜んでいるということです。

管理会社の業務の多くは人によって行われます。企業の経費で大半を占めるのが人件費です。この人件費の削減は質の低下を意味します。

例を挙げれば、フロント担当者や会計担当者の一人当たりの仕事量を増やす、これにより人件費を削減することができます。そうなると各担当者は時間的余裕がなくなり、内容の薄い業務が生まれます。その場しのぎの対応であったり、放置したり、ミスをしたり、サービスの質は間違いなく下がります。

管理委託料を安くするということは、この質と連動することを是非知っておいてほしいです。

 

それとスポットで行われる修繕工事などにも注意を要します。最少人員で業務を行うため、手が回らないから下請け業者に任せっきりとか、清掃・点検業務にも言えることですが、安かろう悪かろうに陥ります。

コストが安い、それに飛びつくと後で痛い目に遭ったりもします。

管理会社を変更される際に、管理委託料のみならず多くの業務見積書を取り寄せ比較検討してみたり、業務の管理体制を確認してみることが成功に繋がると思います。

 








-管理会社

執筆者:

関連記事

管理会社と管理組合は利益相反関係!

  このブログサイトで度々登場する言葉がある。それは「利益相反」という言葉である。 利益相反とは、一方の利益になると同時に、他方への不利益になる行為のことを意味する。 ビジネスというのは本来 …

マンション管理業界が築き上げた一つの失態!

  分譲マンションの共用部分の管理を専門とする管理会社は昔から存在し、今日においてもマンション管理組合にとって必要な存在である。 その管理会社を率いるマンション管理業界は、半世紀以上の歴史が …

マンション管理会社とマンション管理士の違いについて

  唐突な質問になるのだが、皆さん、マンション管理会社とマンション管理士の違いが分かるだろうか。 東京都が作成している資料の中に「マンション管理ガイドライン」という冊子がある。そこにマンショ …

マンション管理会社は住人を私的感情で差別している!

  今朝、色んな方のマンション管理に関するブログを拝見していたら、これぞ管理会社の実態、そんな記事を見つけた。   管理会社の現役フロントマンが著者で、マンション管理について語って …

マンション管理会社は自らの存在意義をもっと認識すべし!

  マンション管理会社は半世紀以上の歴史がある。この長い間、淘汰されずに今日に至っているのだが、時代が確実に変わっている一方で、やっていることは昔も今も変わらない。 マンション管理会社はこれ …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事