管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

マンション管理会社|独立系は本当にコストが安いのか!

2017年4月13日

マンション管理会社には、デべロッパー系と独立系の大きく2つが存在する。

デべロッパー系とは、文字通りデべロッパーの系列に属する管理会社である。他方の独立系はデべロッパー系列に属さない管理会社を指す。

デべロッパー系の管理会社は、営業せずに棚ぼたで仕事をもらえるから、一般的に管理委託料が割高だ。逆に独立系の管理会社は、営業しないと仕事にありつけない。だから管理委託料を安くして受注にこぎつける。

ネットで調べてみると、どのサイトも独立系の割安感を漂わせる記事ばかりだ。果たして本当に割安なのだろうか。



独立系の裏事情

独立系はデべロッパー系と比べると確かに管理委託料は安い。ただ、デべロッパー系と比較すること自体がそもそもの間違いである。

点検業務などは自社では対応できないから、下請け業者に丸投げする。そして下請け業者の費用(原価)に中間マージンを上乗せしている。

この中間マージンが管理会社の収益になるのだが、このパーセンテージがデべロッパー系は高すぎるのだ。だから、管理委託料が高くなる。

デべロッパー系の管理会社の管理委託料が極端に高いから、独立系の管理委託料が安く感じる。

独立系同士の価格競争ともなれば話は違ってくる。ダンピングとも思えるような安値を提示する管理会社も中には存在する。これが曲者なのだ。

管理委託料は薄利でも、管理物件を持つことで他の業務から利益を上げることができる。建物の修繕工事や設備の修繕・交換工事などが例として挙げられる。

管理委託料は薄利だが、他の業務で利益を上げる、簡単に言うとこの手法が用いられている。

トータル的なコストを考えればどの管理会社も大きく変わらない。

ここで注意することは、安かろう悪かろうの論理が存在することだ。管理会社の業務の多くは人によって行われる。企業の経費で大半を占めるのが人件費である。この人件費の削減は、質の低下を意味する。

例えば、フロント担当者や会計担当者の一人当たりの仕事量を増やす。これにより、時間的余裕がなくなり、内容の薄い業務が生まれる。その場しのぎの対応であったり、放置したり、ミスをしたり、サービスの質は間違いなく下がるのだ。

管理委託料を安くするということは、この質と連動することを是非知っておいてほしい。

それにスポットで行われる修繕工事などは必ず他社から見積りを自分達で取り寄せる。そうしないと割高工事を免れない。

ネットで調べれば、専門業者を自分達で見つけ出せる。逆に専門業者から良いアドバイスがもらえたりもする。

独立系の管理会社からしてみれば、修繕工事を他社に取られることは絶対に許されないことでもある。その時に独立系の本当の素顔を知ることになるだろう。




-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理会社|月次報告書について

  何かの行為を第三者に委任する場合、受任者は事務処理の内容について、委任者に報告する義務がある。(民法645条) 分譲マンションの管理に例えるなら、委任者が管理組合、受任者が管理会社に該当 …

マンション管理会社の法令違反、依然として続く!

  マンションの管理の適正化に関する法律が平成13年8月に施行され、既に16年の月日が経過しているのだが、マンション管理会社の法令違反が後を絶たない。 この法令違反は、国土交通省が毎年実施し …

管理会社変更|その後の良し悪しは?

  マンション管理を見直す際に、マンション管理会社自体を変更するケースもあるだろう。 コストが下がり、以前よりも良くなった。 このような結果が得られれば、きっと苦労した甲斐があると思う。 す …

管理会社の見積書がまかり通る理由!

  マンションに出入りする工事業者に直接見積りを依頼したら断られる。これはよくある話である。そして次に出る言葉… 「工事の見積もりなら管理会社を通してください。」 マンションに出 …

マンション管理会社|トラブルが起きた際の役割について

  マンションは自分の所有物だからといって好き勝手に使用することはできない。共用部分においては、使用上の制約というものがある。だがしかし、中にはルールを守らない住人もいる。特に新築マンション …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop