管理組合

マンション管理組合|消費税の引き上げで負担増!

2019年9月12日

 

いよいよ今年10月1日から消費税が10%に引き上げられます。わずか2%とはいえ、大きな買い物とか継続的に課税されるサービスは、負担が大きなものになります。

マンション管理組合においては、共用部の保険料の大幅な値上げと重なり、消費税の引き上げで更に金銭的な負担が増えます。

管理組合によっては、一般会計(管理費会計)が赤字に転落し、それを補うために管理費の引き上げを余儀なくされるケースが出てくると思います。

今回のように支出に大きな変動が生じた際は、自分たちで収支状況を確認することが肝要です。管理組合にとってネガティブなことは、管理会社は積極的に報告したり説明したりしませんからね。

「一般会計が赤字に陥ります」「管理費の引き上げが必要です」を言えないのは、「管理委託料を下げろ!」と言われるのを恐れているからですね。

国民にとってネガティブなことを政治家が口にしないのと同じです。

 

 

決算報告書の落とし穴

一般会計においては、前期繰越金を除外した金額で収支バランスを確認しないと意味を成しません。前期繰越金を合算することで赤字が見えにくい、そこに落とし穴が存在します。

それと単年ではなく、長期的に収支を捉える必要があります。当期の支出には含まれない不定期な支出(排水管清掃、特殊建築物定期調査、連結送水管耐圧試験など)がありますから。

消費税の引き上げを機に、支出の見直しを行うことをおすすめします。意外と無駄なものにお金を支払っていたりもします。

小さな見直し(削減)でも継続すれば大きなものになります。

 








-管理組合

執筆者:

関連記事

マンションの管理組合役員の高齢化について考える!

  築30年以上のマンションでは、当初から所有されているオーナーたちも相応に年を重ねるから、管理組合役員の平均年齢が70歳以上というマンションも存在するだろう。 役員の成り手がいない、特に高 …

管理組合役員の選出方法|階の縦割り、横割り、どの方法がいいの?

  管理組合の役員を決める際、一般的に「輪番制」という方法が用いられていますが、役回りは平等に、この考え方が根底にあります。 しかしながら、輪番制と言っても具体的にどうやって決めるのか、そこ …

マンション管理組合運営はココが大事!

  マンションの管理運営で重要なのは主役の認識である。多くのマンションは管理会社が主役、管理組合が脇役になっている。これは本末転倒である。 マンション=管理組合、これは不変であるが、管理会社 …

管理組合の運営で欠かせないのが継続性

  企業には事業を継続するという目的があります。同じようにマンション管理組合にも継続性が求められます。今回、役員の任期を交えて管理組合の継続性について語りたいと思います。   1年 …

マンション管理会社への伝達方法は書面またはメールの方が良い?

  マンション生活を送る中で、意見とか要望、相談事などが生じた場合、どこに連絡すればよいのだろうか? 分譲マンションの場合、管理組合という組織が存在するのだが、そのマンションを管理している管 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事