管理組合

管理組合総会|その質問必要ですか?

2018年9月8日

 

 

私の管理会社時代によく目にしてきた光景…

マンション管理組合の総会で質問される方がいつも同じ…
質問というよりも間違い指摘の説教が繰り返され、何かと他人のやることにケチをつけてくる人…

 

私にはその質問が自分を誇示するただの自己満足にしか思えなかった。

総会というのは時間に制約がある。皆さんそれぞれの限られた時間の中で執り行われる。

ひとりの質問が繰り返されると他の人の発言の機会を失ってしまう。みんなの総会なのに蓋を開ければワンマンショー、そんな総会も実在する。

人は自分にケチをつけられるのは好きではなかろう。結局はひとりの意見に振り回され、無意識にそのひとりを意識したマンション管理が形成されてしまう。

みんなのマンション、総会なのに…



間違っているのを指摘して何が悪い!

(そんな声が聞こえてきそうだが…)

その質問をして何をどうしたいのか、そこを少し考えてほしい。

結論が見い出せない意見というのは本当に困惑する。逆に質問を投げかけ、皆さんで話し合う、これが目的とするなら有意義なものとなろう。

質問の目的、これって本当に大切だと思う。

分からないから質問する。この手の質問が多いと思うが、分からないことはできるだけ事前に調べる努力も必要だと思う。

質問の先に目的があるとしたら、きっと耳を傾ける人は増えるだろう。質問の先に問題の解決策があるとしたら、きっと理解が深まるだろう。

意見を口にするのは簡単なのだが、その過程、その先を読めないとただの自己満足、批判に終わってしまう。

その過程に努力や苦労がもしあるとしたら、軽々に意見など言えまい…

その質問って必要なのか…

私にも言えることだ。そして自分に問いたい。

 








-管理組合

執筆者:

関連記事

マンション管理組合|面倒なことは先送り?

    マンション管理は本当に面倒くさい!   自分のマンションなのに、そこには色んなしがらみがあるから、それが良くないことだと分かっていても、なぜか他人任せにしてしまう …

管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

  マンションに50世帯が住んでいれば、そこには50通りの考え方がある。また、その世帯に家族がいれば、家族の人数分の考え方がある。 マンション管理の難しさは、この考え方の違いにある。 物事を …

管理組合役員の選出方法|階の縦割り、横割り、どの方法がいいの?

  管理組合の役員を決める際、一般的に「輪番制」という方法が用いられていますが、役回りは平等に、この考え方が根底にあります。 しかしながら、輪番制と言っても具体的にどうやって決めるのか、そこ …

管理組合の組織の在り方について考える!続編

  野球界のイチローと言えば、その名を知らない人はいないでしょう。 メジャーリーグで数々の偉業を成し遂げた現役時代の活躍ぶりをみて、きっと多くの日本人は勇気づけられたと思います。 現役引退後 …

マンション管理組合|パートナーについて考えてみる!

  マンション管理会社というのは管理組合にとって良きパートナーであることが望まれますが、真のパートナーにはなれない、これが私の持論です。 パートナーという言葉は、協力関係などでよく用いられま …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事