管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

レオパレス21の施工不備問題から見えてくるもの!

2019年2月12日

 

レオパレス21と言えば、賃貸アパートで有名な大企業であります。

昨今のニュースで施工問題が大きく取り上げられ、賃貸アパートの所有者からは憤りの声、そして、そこに住まれている方たちの中には退去を余儀なくされ、平穏な暮らしが阻害されています。

安心できる住まいを提供する立場にありながら、逆に過剰な不安を与えてしまう、これは住宅事業者に絶対にあってはならないことだと思います。

私の息子は今年社会人2年目を迎え、会社の寮が一括借り上げのレオパレスです。今回の施工問題の対象物件なのかは調査中だと息子から聞きましたが、生活を脅かす今回の事件については決して他人事ではない、そんな心境でこれまでのニュースを見聞きしています。

私の自己紹介の記事にもありますが、マンション業界を初めとした住宅業界は「真実を語れない」、今回の施工問題にも言えることです。



レオパレス21の公表している時期が本当だとしたら、最初の施工不備は1996年ということになり、公になるまでの約23年間、関係者の誰ひとり気付かなかった、これは言い訳にしか映りません。

施工不備の件数からして一連の施工は組織的に行われたとしか思えません。

真相はこれから追及されることでしょう。

これまで公になった構造計算偽造の姉歯事件、横浜の杭打ちデータ偽造事件、そして今回の天井裏の界壁施工不良、外壁や断熱材、天井部分の施工での不備、これらは氷山の一角だと思います。

建物が完成してしまえば、施工不備、施工瑕疵は発見できない、そこを悪用する企業がもし実在するとすれば、本当に許せないことです。

レオパレス21の施工不備は、壁材の内側など建物完成後の確認では困難な箇所に集中しています。完成前の工事中の確認を写真のみで行うという現行の建築確認制度に問題があるように思えます。

写真はいくらでも偽造できます。企業に正義心とか使命感、倫理観がなければ、意味のない形式的な確認になります。

20年もの間、それを見抜けなかった国にも責任はあると思います。それ以上に施工不備を重ねた企業は闇に葬るしかありません。きちんと所有者、居住者に対して責任を果たした後で…

 

 




-語り

執筆者:

関連記事

こんなマンションには住みたくない!

  マンションなどの共同住宅は、私生活の集合体であり、互いに身近にいるから色んな情報や噂話が飛び交う。普段生活する中で耳を塞ぎたくなるような話を聞かされることがある。 聞かされる? そう、そ …

分譲マンション|人口減少でマンションはどう変わる!

  日本国内の住宅ストックは今や過剰とまで言われている。総務省統計局の住宅・土地統計調査によると2013年時点の空き家は全国で820万戸に及ぶ。この調査は5年毎に実施されているので来年201 …

マンションのクリスマスイベント

  この季節になると街並みの景色が徐々に変わってくる。 12月の風物詩といえば、クリスマスツリー、そしてクリスマスイルミネーションである。 もうすぐ12月、今始まったことではないが時間が経つ …

マンションの管理員室は誰のもの?

  マンションの管理員室は共用部分に該当する。中には専有部分として所有権の保存登記がなされ、管理会社の所有になっている特殊なケースもあるのだが、一般的には規約共用部分という扱いになっている。 …

本音で語れるマンション管理のパートナー!

  パートナーとは共同で仕事をする相手のことを指す。 同じ目的(目標)に向かって互いに協力し合う、とても素敵なことだと思う。 管理組合にとってのパートナーって誰だろう。 そのマンションの所有 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop