管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

分譲マンション

マンションの二つの老い

2017年6月10日

 

分譲マンションが誕生したのは1953年、東京都住宅協会が供給した渋谷区の「宮益坂アパート」が最初で、民間では1956年に供給された東京都新宿区の「四谷コーポラス」が最初となる。

分譲マンションが誕生してから64年が経過し、宮益坂アパート、四谷コーポラスともに建替え協議が進められ、2019年に竣工予定になっている。

日本最古のマンションと言われてきた宮益坂アパートも長い年月を経て、マンションの寿命を迎えることになるのだが、建物も人生とよく似ているような気がしてならない。

そこに住んでいる人たちも建物と同様に老いていく。生活には欠かせない住まいと人生を共に生きている。

取り壊しの際は、涙を流す人もいると聞くが、暮らしの思い出が詰まった場所だから分かるような気がする。

私もそうだが、自分の住むマンションには愛着が湧く。賃貸などの仮住まいとは違い、マンションは我が子のようにも思える。



加速する世帯主の高齢化

国土交通省が5年毎に実施しているマンション総合調査によると、マンションの世帯主の年齢の比率は以下のように推移している。

平成11年 平成15年 平成20年 平成25年
30歳未満 1.6% 1.2% 0.8% 0.2%
30歳代 19.2% 13.2% 11.9% 7.6%
40歳代 27.9% 25.8% 22.9% 18.9%
50歳代 25.1% 28.0% 24.1% 22.8%
60歳代 18.4% 21.5% 26.4% 31.1%
70歳以上 7.3% 10.2% 13.0% 18.9%
不明 0.5% 0.2% 0.9% 0.3%

60歳以上の割合が平成11年25.7%、平成15年31.7%、平成20年39.4%、平成25年50%、5年毎に1.2倍程度増加している。

平成25年の調査では60歳以上が全体の半数に達した。高齢化の波は、確実にマンションにも押し寄せている。

高齢者が住みやすいマンション創り、これからの時代には欠かせないものとなる。

マンションには二つの老いがある。お互いに長生きできるように健康管理には気を付けたい。

 


 



-分譲マンション

執筆者:

関連記事

貴方ならどちらのマンションを選ぶ?

マンションを購入される際に、いくつかの物件を比較検討するだろう。立地場所、周辺環境、販売価格、広さ、間取り、設備、階数、管理員常駐の有無など検討すべき材料は多い。 中古マンションであれば、築年数、建物 …

分譲マンション|機械式駐車場のあれこれ!

  マンションに設置されている機械式駐車場やタワー式駐車場は、駐車場不足を解消するために設置されているのだが、年間のメンテナンス料金、部品交換などの修繕費など実際この装置を運用していく中でか …

欠陥マンションはこうして作られる!

  2005年11月に発覚した耐震計算書偽造の姉歯事件、2015年10月に発覚した横浜市内の杭施工データ改ざん事件、これは公表されている事件だが、水面下でマンションに関わる欠陥というのは数多 …

みんながいるから安心して暮らせる、それがマンションの良さ!

  マンションに長く住んでいると気付くことがある。一つ屋根の下に共に暮らすたくさんの人たちがいるってこと。 私はマンションに20年以上住んでいるのだが、顔なじみの住人たちと毎日たわいのない挨 …

分譲マンション|食材宅配サービスのあれこれ

  今の時代、宅配サービスを利用される方が多い。このサービスの中に食材宅配サービスというものがある。夕食の食材などを自宅に届けてくれるサービスなのだが、私が管理会社時代に、このサービスの利用 …

余白




プロフィールタイトル

著者のプロフィール

02[1]

02[1]

はじましてkurumiと申します。
マンション管理業界、建設業界の裏側を知っていただきたい。そして問題意識をもっていただきたい。元業界人が本音で語るブログサイトです。

バナー画像

バナー画像

おすすめ記事タイトル

著者のおすすめ記事

余白

サイドバナー1

サイドバナー1

余白

サイドバナー12

サイドバナー12

人気記事タイトル

人気記事ベスト10

余白

余白

余白

カテゴリータイトル

カテゴリー

アドセンス広告




ブログランキング参加中/タイトル

ブログランキング参加中

余白

マンション管理バナー

マンション管理バナー2

pagetop