分譲マンション

分譲マンション|鍵の紛失、その先に潜む危険!

2018年11月3日

 

昨日、私の知人(とあるマンションの理事長)からこんな相談を受けた。

今売りに出されている住戸の所有者(不動産会社)から、「1階の雨樋に取り付けてあった小型キーボックスが盗まれた」との連絡が管理員経由で知人に入り、管理組合としてどう対応すればよいのかという相談内容だった。

 

小型キーボックスはこんなやつ👇

 

話を聞くと管理組合に相談もなく、勝手に取り付けたと聞き、それは「自己責任でしょ」、その言葉しか見当たらない。許可も得ずに「私物を盗まれた」という話を管理員にすること自体が筋違いな話である。

本来なら「鍵が盗まれて紛失しました。どうしたらいいですか?」になると思うのだが…

勝手に取り付けておきながら「防犯カメラの映像を確認したい」、そんな依頼があったようだが、その不動産会社が警察に盗難の被害届けを出して、その警察から映像確認の要請があれば、管理組合として対応の余地はあるだろう。

そんな話を知人と交わしたが、敢えてそれ以上は語らなかった。被害者は不動産会社だけではない。その先には大きな問題がある。今回それについて語りたい。



鍵の紛失は周りに迷惑を掛ける

小型キーボックスの中にはその住戸の鍵が入っている。オートロック式のマンションでは、盗んだ者がマンション館内に立ち入る危険性がある。盗んだ者…そこが怖い。

住戸の鍵は、同じものであれば自己判断で交換はできる。だが、オートロックの鍵は住戸の鍵と連動しているから、オートロックの錠前を交換すれば全住戸に鍵を配る必要が出てくるし、居住者は鍵を二本持たなければならなくなる。それに抵抗を感じる人は多い。

そこで全住戸の錠前を交換するとなれば住戸数によっては莫大な費用になるだろう。鍵を紛失するというのは、全住戸の方々に迷惑を及ぼすことになる。

そこを知っていれば、「鍵が盗まれた」なんて被害者的な発言は普通出来ないだろう。ましてや大切な財産を取り扱う不動産会社という立場なのに、全く危機管理ができていない。

マンションの片隅に付けられた小型キーボックスを見る度にそのように感じる。

 

オートロック以外のマンションも危ない

オートロックの無いマンションでも、空き住戸からバルコニー伝いに他の住戸に侵入することができる。実際にその手の犯罪は起きている。今回みたいに敷地内で鍵が盗まれたとすれば、マンションが特定されるわけだから危険度は増すだろう。

マンションの空き巣はバルコニーからの侵入が多いと聞くから、特に今回のケースでは、注意が必要になるだろう。

鍵の紛失は当人だけの問題ではない。そこは一戸建てとは違い、マンション特有の問題点(欠点)となり得る。

小さな子供に住戸の鍵を持たせる際は、マンション名とか号室の書かれた札やシールなどは禁物である。

鍵の紛失、その先にある重大さを知れば、鍵の保管・管理の大切さが窺い知れるだろう。

<追記>

少し前の記事になりますが、鍵の紛失時の対応に際して、とても参考になる記事がありますのでリンクを貼っておきます。

 

▶ オートロックマンションの鍵の紛失に関するQ&A

 

<関連記事>

▶ マンションでよく見かける小型キーボックス|設置の良し悪しについて

 








-分譲マンション

執筆者:

関連記事

分譲マンション|安心して暮らすためにルールは存在する!

  ルールを守らない人を信用できますか? この質問に対してきっと多くの日本人は「信用できない」と答えるでしょう。なぜなら「法の支配こそ国是」という考え方が我が国には根強いているからです。その …

マンション管理会社と管理組合は違うよ!

  分譲マンションには管理組合という組織が存在しますが、管理組合の役割とか存在意義を十分理解されていますか? 正しく理解されている方は、ほんの一部に過ぎないと思います。 マンション管理組合= …

築25年超の中古マンションの購入者はココを見ている!

新築マンションを購入するとき、住宅ローンを利用すれば税制優遇(還付)が受けられる。また、中古マンションにおいても同様に住宅ローンを利用すれば税制優遇が受けられる。 ただし、中古マンションの場合、全てが …

既存マンションに電気自動車が普及しない理由!

  2010年に日産のリーフが国内で販売され、電気自動車という言葉をよく耳にするようになった。将来の普及を見越し、一部のマンションデべロッパーにおいて、新築の分譲マンションに電気自動車専用の …

中古マンション|インスペクションとは?そのメリットについて!

インスペクションとは 欧米では当たり前に行われているインスペクション、我が国ではあまり聞きなれない言葉である。このインスペクションは、「調査」とか「検査」を意味する英単語になるが、不動産に用いる場合、 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事