管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理士

分譲マンションの管理の相談先って?

2018年3月1日


困ったときに逃げ込むと助けてくれる人や団体のことを「駆け込み寺」という。

マンションでの生活において、何か困ったことがあれば身近にいる「管理会社」に相談されるケースが多いと思う。

その相談者である管理会社と何かトラブルが生じた場合、どこに相談すればいいのだろう。

マンション管理の駆け込み寺…

 

以前は、マンション管理を支援するNPO法人、一般社団法人マンション管理業協会(旧高層住宅管理業協会)がその役割を担ったわけだが、時代も変わり、今ではマンション管理士(協会・私設事務所)もその役割を担うようになった。

マンション管理業協会では、その協会の会員(管理会社)に関わる苦情とか相談に乗ってくれる。だが、管理会社の業界団体だから利害関係は存在するだろう。相談の当事者となる管理会社の代表者が当協会の役員というケースも考えられる。

NPO法人は、管理会社を含めた賛助会員制というものがあるから、そこに利害関係が存在するだろう。相談の当事者となる管理会社(専門業者)が賛助会員であったりもする。

マンション管理士はどうだろう。

個人的にはこのマンション管理士に期待したいところである。何の利害関係を持たない存在だからである。

 



先に言いておくが、私はマンション管理士協会の回し者ではないし、どこかのマンション管理士事務所の関係者でもない(笑)。

 

元業界人の私見として、相談先として一番期待できるのがマンション管理士だと思うし、そうあってほしいと願う。でないと本当に相談先というのは無くなる。

マンション管理について何か困ったら、利害関係を持たないマンション管理士に相談するのが一番だと思う。特に管理会社とのトラブルについては、色々と学べることが多いと思う。

熱い思いをブログに書き綴っている熱心なマンション管理士の先生方もいらっしゃる。そこから、その人のマンション管理に対する考え方とか人間性というのは伝わってくると思う。

相談先は「利害を持たない」、そこが重要ではないだろうか。

 

 


 



-マンション管理士

執筆者:

関連記事

マンション管理士の仕事がない本当の理由!続編第3話

  マンション管理士は、マンションにとって必要である。そのために国が創設した資格なのだ。だが十分に活かしきれていないのが実情である。前回の第2話からずいぶん間隔が空いているのだが、伝えたいこ …

マンション管理士と共にマンション管理を学ぶ

  マンション管理には教科書などは存在しない。誰から教わるでもなく、自主的に学ぶしか方法はない。 一方では「マンション管理は自主性を持つことが大切である」と唱える声を聞く。国も私も多くのマン …

マンション管理会社とマンション管理士の違いについて

  唐突な質問になるのだが、皆さん、マンション管理会社とマンション管理士の違いが分かるだろうか。 東京都が作成している資料の中に「マンション管理ガイドライン」という冊子がある。ネットでも見れ …

こんなマンション管理士は信用できない!

  最近、管理会社主催のセミナーをよく見かけるようになった。このセミナーは、新規顧客開拓のために行っている営業戦略に過ぎない。 そのセミナーにマンション管理士が講師として招かれることがある。 …

コスト削減はその中身と価値観に注意!

  マンション管理の見直しというのは必要である。特にマンション管理士の皆さんには事前に知っておいてほしい。 また、管理組合の皆さんにおかれては、直接の当事者となるわけだから、今後の参考として …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop