管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

理事長

分譲マンション|理事長はこうあるべき!

2017年5月2日

 

管理組合の理事長に就任したら

管理組合の理事長は、管理組合の代表者だ。会社組織に例えるなら社長にあたる。会社組織と違うのは、社長の選出方法だ。

管理組合の役員は、一般的に持ち回り(輪番制)によって選出される。マンションに住んでいればいつかはこの役員の順番が回ってくる。

この役員の中から理事長が選ばれる。自薦、他薦という方法もあるのだが、多くはくじ引きで決めるケースが多い。

もし、理事長になったら、きっと不安に駆られるであろう。

この不安というのは、何をすればいいのか分からない、この思いからくるものだ。

理事長を初めて経験するのは、どのマンションの理事長も同じだ。中には万年理事長のいるマンションも存在する。だが比率からすれば1割も満たないだろう。多くが理事長未経験者なのだ。

管理組合の中でも特に権限と責任が大きいのが理事長だ。このように書くとドン引きされるかも知れない。だが立場的にはそういうことになる。

理事長は、管理会社などの外部との契約取引において、管理組合を代表して署名・押印を行う。それだけではない、理事会をひっぱり、管理組合をどのように運営していくか舵取り役となるのだ。

理事長の知見と能力、人柄で管理組合の活動レベルは大きく変わる。理事長というのは独裁者であっては困る。これだけは注意せねばなるまい。

私はこれまで多くの理事長と接してきた。理事長未経験者なのに適任者と思えるくらいすばらしい方も中にはいらっしゃった。

理事会、管理組合をぐいぐいとひっぱって、物事の考え方に理があり、だから説得力もある。そして何よりも人の意見をよく聞くのだ。本当に頼りになる存在に思えた。

公平に物事を考える、こちらがアドバイスしなくても集団組織の規範を理解されている。だから住人からの人望が厚い。

そして「マンションをもっと良くしていこう!」この気持ちに満ちている。

この気持ちを持つことが、最高責任者である理事長には必要だと思う。これを大義とし、行動に移せばいい。そうすれば誰も文句は言えまい。

 

<追伸>

あのパナソニックを一代で築き上げ、経営の神様と称された松下幸之助が世に残した有名な言葉がある。

力強さは
使命感を持つところから生まれる。

この格言は、理事長にも言えることではないだろうか。

 

 


 



-理事長

執筆者:

関連記事

理事長なんて私には無理!

  理事長のなり手がいない。マンションが抱えている問題のひとつと言えよう。 公平性という名の下で、輪番制という持ち回りの役員決めが行われているのが実情である。 輪番だから役員になるのは仕方な …

理事長の経験を通じて学び得たこと

  分譲マンションの管理は難しい、これが正直な感想である。 戸建住宅や賃貸マンションであればオーナーがひとりしかいないから、住宅の管理を全て独断で行うことができる。他人から干渉されることもな …

管理組合の理事長に就任したらまず最初にやるべきこと!

  毎年5月、6月はマンションの総会シーズンとなる。そこで初めて理事長に就任される方もいらっしゃるだろう。 理事長と言えば、管理組合の代表者であり、この職務の責任を重く受け止める方も中にはい …

マンション管理組合|独裁型の理事長はいらない!

マンションの管理組合の中には、独裁型の理事長がいる。この独裁者という言葉の定義だが、独断で物事を決める、管理組合を自分の都合で支配する者を指す。この「都合」、これが健全ではない。 私はその独裁者の裏の …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop