管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

理事長

マンション管理組合|独裁型の理事長はいらない!

2017年5月25日

マンションの管理組合の中には、独裁型の理事長がいる。この独裁者という言葉の定義だが、独断で物事を決める、管理組合を自分の都合で支配する者を指す。この「都合」、これが健全ではない。

私はその独裁者の裏の顔を知っている。共通する裏の顔だ。だから、独裁者は管理組合にはいらない、そう断言する。

管理組合のために健全に任務を全うしている理事長はたくさんいる。だが一方では権力を振りかざす者がいることを知っておいてほしい。

ここまで書くのには理由がある。汚い言い方になるが「」である。特に大規模修繕などの工事絡みでの「賄賂」だ。

詳しく調べたければネット上で記事が掲載されている。多くの記事は真実であろう。火のないところに煙は立たたない

独裁者は、無関心、他人依存から生まれる。結局は自分達で創り上げているのだ。

理事長を解任させたい、このような相談を過去に何度か受けたことがあるが、解任しない理事長の口癖は決まってこうだ。

「誰もやらないから私がやっている!」

「話がまとまらないから、リーダーシップを私が取っているだけだ!」

… 正論? かな?

と一瞬納得しそうになったが、裏事情を聞いていたので「それは違うだろ!」と心の中で呟いていた。

リーダーシップと独裁は全く違う。管理組合のために健全に職務を全うするための指導者がリーダーシップである。

独裁型の理事長の中にも金に溺れる者がいる。そして賄賂を渡す業者も中にはいる。金が絡むと本当に汚らわしく思えてならない。

 

 


 



-理事長

執筆者:

関連記事

理事長なんて私には無理!

  理事長のなり手がいない。マンションが抱えている問題のひとつと言えよう。 公平性という名の下で、輪番制という持ち回りの役員決めが行われているのが実情である。 輪番だから役員になるのは仕方な …

理事長の経験を通じて学び得たこと

  分譲マンションの管理は難しい、これが正直な感想である。 戸建住宅や賃貸マンションであればオーナーがひとりしかいないから、住宅の管理を全て独断で行うことができる。他人から干渉されることもな …

管理組合の理事長に就任したらまず最初にやるべきこと!

  毎年5月、6月はマンションの総会シーズンとなる。そこで初めて理事長に就任される方もいらっしゃるだろう。 理事長と言えば、管理組合の代表者であり、この職務の責任を重く受け止める方も中にはい …

分譲マンション|理事長はこうあるべき!

  管理組合の理事長に就任したら 管理組合の理事長は、管理組合の代表者だ。会社組織に例えるなら社長にあたる。会社組織と違うのは、社長の選出方法だ。 管理組合の役員は、一般的に持ち回り(輪番制 …

余白




余白

余白

プロフィールタイトル

著者のプロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

人気記事ベスト10

カテゴリータイトル

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop