置き配

分譲マンションの置き配の是非について!

2021年8月29日

 

そもそも置き配とは?

最近、置き配という言葉をよく見聞しますが、玄関先に配達物を置くことで、配達完了となる配送手段のことを指します。

コロナ禍で対面での受け取りに抵抗がある方や、宅配ボックスがないマンションでは、この方法が用いられています。

ところで、置き配って今始まった話ではないんですよね。ネットで調べてみると1897年に始まった牛乳の配達、その後、1981年には生協の食品の置き配が始まり、今日に至っています。

近年では、ネットショッピングの普及とコロナ禍という事情もあり、大手の宅配業者などが揃ってサービスを開始し、置き配という配送手段が当たり前に利用されるようになりましたが、盗難とか誤配送のトラブルがニュースとか身近で見聞きします。

米国では、置き配は生活習慣の中に当たり前に存在しているようですが、几帳面で確実性を求める日本人の性格からして、そのまま商品を玄関先に置くことに対して抵抗を感じる方は多いと思います。

 

置き配の急増によるトラブル!

置き配の需要が高まる中で、一方ではトラブルも増えています。先日、マンションの管理員をやっている知人から、置き配による誤配が多く、マンションの入居者から管理員室に誤配の荷物が届けられ、宅配業者の連絡先がそこに記載されていないから荷物の処理に困っているようです。

そのまま管理員室に置いとくわけにはいかないからって、配送先の住所と連絡先を頼りに、電話を入れたり、近所であれば仕事帰りにわざわざ荷物を持っていかれているそうです。

中には、荷物を管理員室まで取りに来てくださいと電話で伝えたら、「何で私がそちらに取りに行かなくちゃいけないの!」「私宛ての荷物がそこにあるなら持ってきてください!」そんな勘違いにも程があるクレームを受けたそうです。

私なら逆切れしますね(笑)。

 

宅配業者の誤配って、マンションの場合だと、単純に住所の間違えとか類似のマンション名、例えば〇〇マンション第1を第2と間違えたり、そんな初歩的な誤配が多いようです。

それと、宅配物の盗難も増えているようです。荷物が届かない、置き配指定で管理員に言ってどうすんの?自己責任でしょ!って言いたくなりますが、そういった盗難のクレームまでも管理員は受けなくちゃいけない、そんな実情がこの置き配の急増の裏側には存在します。

前述の日本人には馴染まない、それが置き配だと思います。盗難に遭っただけでなく、荷物が濡れたとか、へこんでいたとか、クレームを付けるのが日本人なのかなって感じます。

だったら、置き配指定せずに対面での受け取りを指定すればいいのにって思うのは私だけ?

 



 

マンションの置き配の是非について!

牛乳の配達とか生協とかの食品の配達をマンションで利用されている方がいらっしゃいますが、多くのマンションが見てみぬ振りをしているのが実情かと思います。

私の住んでいるマンションでも生協とか牛乳のボックスの専用ボックが玄関先に置かれています。20年以上が経ちますが問題視されたことはありません。

余談になりますが、自転車を共用廊下に置くことについては、過去に問題視されたことがありました。その時に共用廊下やバルコニーに自転車を置く行為は一切禁止となりました。(詳しくはこちら👇の記事)

 

マンション内の自転車の持ち込みについて!

 

マンションによっては、置き配の是非について、理事会とか総会で話し合いが持たれるといったケーズが出てくるでしょう。

そこで、置き配の是非を判断するための材料が必要になってきますが、昨年3月に経済産業省と国土交通省の見解が記された資料が参考になると思います。(その資料はこちら👇)

置き配の現状と実施に向けたポイント

 

この資料で重要なのは、消防法上の観点からみた置き配に関する見解です。以下に抜粋します。

※ 消防法との関連では、「(略)廊下、階段、避難口その他の避難上必要な施設について避難の支障になる物件が放置され、又はみだりに存置されないように管理し、かつ、防火戸についてその閉鎖の支障になる物件が存置され、又はみだりに存置されないように管理しなければならない。」(消防法第8条の2の4)ことを踏まえ、適切に管理する必要がある。なお、共用部分に、宅配物・生協配送・牛乳配達など、避難の支障とならない少量または小規模の私物を暫定的に置く場合は、長期放置や大量・乱雑な放置等を除き、社会通念上、法的問題にはならないと考えられる。

 

宅配物・生協配送・牛乳配達など、避難の支障とならない少量または小規模の私物を暫定的に置く場合は、長期放置や大量・乱雑な放置等を除き、社会通念上、法的問題にはならないと考えられる。」、これがひとつの判断材料になると思います。

置き配の是非について、すでに問題視されているのであれば、これを楯にただ暗黙するのではなく、資料の中にあるように総会(議決権総数の半数以上を有する組合員全体の半数以上の出席で成立)の普通決議(出席組合員の議決権の過半数で決議)による運用方法の合意等を行うことが望まれます。

長期放置がどれくらいの期間を指すのかとか、荷物の大きさとかの取り決めが少し面倒ですが、置き配について、この2つの行政機関の見解は、協議過程で重要なポイントと言えます。

私は、どちらかというと置き配については容認派です。宅配ボックスは新築当初からありましたが、途中に色んな理由で廃止となり、現在撤去しています。なので、配送手段のひとつとしてこのような方法があっても良いと考えます。(宅配ボックスの記事ついてはこちら👇)

 

分譲マンション|宅配ボックスの設置の是非について!

 

ただし、置き配を指定する場合、全て自己責任であり、自己対応、他人様に迷惑を掛けないことが大前提です。置き配はかなり利用していますが、今のところ荷物はちゃんと届いています !(^^)!。

 

 

 








-置き配

執筆者:




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事