管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

エレベーター 建物・設備関連

エレベーターリニューアル(全面改修)工事のポイント!続編

2019年1月2日

 

昨年末にエレベーターリニューアルに関する記事を書きましたが、その続編を書き綴りたいと思います。



他メーカーの機種に変更できるの?

「既設のエレベーターを他社に変更することはできますか?」、私の管理会社時代によく聞かれた質問でした。

結論から言うと変更は可能です。ただし、改修費用が既設のメーカーよりも高くつくのが通例です。

メーカーの代表格と言えば、業界トップの三菱、次に日立、ちょっと離れて東芝、続いて日本オーチス、そしてフジテックの順になります。

保守点検でいう独立系に属するエレベーター会社の中には、自社のエレベーター商品を取り扱っている企業があります。この独立系と呼ばれる企業は、保守点検費の安さを売りにしていますが、エレベーター商品も先程のメーカー5社に比べると安価で機器の入れ替えが可能です。

なので、リニューアルの際にメーカー5社のいずれかとよく引き合いに出されます。

費用面では独立系に軍配が上がりますが、これまでの実績(安心感など)を買われて既設のメーカーに発注されるケースが多いようです。

 

メーカーチェンジが割高になる理由

例えば三菱のエレベーターを日立や東芝に変更する場合、どうして改修費用が高くつくのでしょうか?

それは、建設時にどのエレベーターにするのか、それに基づいて設計されているからです。分かりやすく言うと、エレベーターシャフト(エレベーターの昇降路)の大きさは、エレベーターの各メーカーによって設計サイズが異りますから、メーカーをチェンジする場合、それに見合ったエレベーターに作り変える必要があります。なので、オーダー(特注)になるから高くつきます。

定価の7割程度が相場ですから、既設のメーカーを選択される際には、値引き交渉は必ず行うようにしましょう。

ちなみに新築時にはこれよりも安い価格で設置されています。エレベーター会社は毎月のメンテナンス料で経営が成り立っているってことです。

 

<関連記事>

エレベーターリニューアル(全面改修)工事のポイント!

 

 



-エレベーター, 建物・設備関連

執筆者:

関連記事

エレベーター保守点検費のからくり!

  管理組合会計の業務に関わる支出項目をみると管理会社に支払う管理委託料が一番高い。次に高いのがエレベーターの保守点検費ではないだろうか。決算書を見ればその負担の大きさが分かる。 そんな項目 …

マンションの給排水管のメンテナンスは計画性と中身が大切!

  マンションの給排水管のメンテナンスについて、誰がいつどのようにして行うのか、明確な取り決めがなされているだろうか。   明確な取り決めがなされていないと… 古くなっ …

エレベーターリニューアル(全面改修)工事のポイント!

  エレベーターのリニューアル時期について マンションに設置されているエレベーターのリニューアル(全面改修)時期の目安は、25年から30年と一般的に言われているが、実情として30年前後に実施 …

エレベーターのリニューアルって大変?

日本のエレベーターやエスカレーターは、技術や安全性の面では世界でトップクラスを誇る。 そして、作り手やメンテナンス会社の意識だけではなく、日本人の「メンテナンス意識の高さ」、これが安全性へと繋がってい …

エレベーター保守点検費のからくり!続編

  エレベーターは高層階には欠かせない利便性の高い設備である。だが同時に安全性が強く求められる。 この安全性を維持するために、どのマンションも法定検査と保守点検の2つを実施している。 法定検 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop