承認販売方式とは

2017年11月2日

新築のマンションの売買契約時に「管理委託契約の締結」、「管理規約の承認」などをまとめて同意書などにより承認する方法を承認販売方式と呼ばれています。

<補足>
マンションの入居開始と同時にマンション管理は始まります。入居開始時において、未販売住戸もありますし、区分所有者全員による総会を開催することは物理的に難しいため、一般的にこのような方法が用いられています。







-

執筆者:

関連記事

マンション管理組合|会計担当理事の職務内容について!

  マンションの管理組合役員には、理事長、副理事長、会計担当理事、監事の大きく4つの役職がある。 管理組合の役員の順番が回ってきて、一般的にくじ引きなどによって役職が決められる。初めて会計担 …

間違いだらけのマンション大規模修繕!

  これまで大規模修繕に関する記事を書いてきたが、個人ブログだとその記事に対して信憑性を問われてしまう。 当事者となる施工会社、コンサルタント、そして管理会社が書いた記事も同じことがいえる。 …

分譲マンション|賃貸に出す際に知っておくべきこと!

  急な転勤や様々な事情により、所有しているマンションを手放すこともあるだろう。その場合の選択肢として「賃貸」「売却」という2つの方法がある。 今回、賃貸に出される際のポイントや注意点についてお伝えし …

マンションの電気料金の見直し後の成果は検証すべし!

近年、マンション共用部の電気料金の削減方法は多様化しています。2016年4月にスタートした電力の小売全面自由化により、電力小売事業に参入する事業者が増え、これにより契約先の選択肢が増えました。 契約先 …

マンション管理組合|面倒なことは先送り?

    マンション管理は本当に面倒くさい!   自分のマンションなのに、そこには色んなしがらみがあるから、それが良くないことだと分かっていても、なぜか他人任せにしてしまう …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事