管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

自転車置場を増設する前に考えるべきこと!

2017年7月28日

 

マンションに設置されている自転車置場の設置率は、都道府県毎に異なる。もっと細かく言えば、最寄りの駅の距離によって設置率は異なる。

この設置率は、全国平均でみると100%を上回る数字となっているが、首都圏、近畿圏では60%、東京都では25.4%とかなり低い。

各都道府県のデータはこちら ☞ 東京カンテイ

 

マンションによっては「自転車置場が足りない」、そんな悩みを抱えている管理組合も存在する。だが、実際の利用状況を考察すると乗らなくなった自転車がそのまま放置されていたり、乱雑に並べられていたりもする。

これは「不足している」とは言えない。「足りないから増設する」、そう考える前にまずやるべきことがある。それが不要自転車の整理であり、置き方の改善である。

多くの管理組合はこれらを理解され、既に実行されている。それでも「足りない」のなら、増設するしか手立てはないのだろうか。

だが、簡単に増設といってもスペースが確保できないと物理的に設置するのは困難である。それは当然であろう。

そんなマンションが実は多く存在している。マンションの自転車置場、バイク置場というのは、新築時の設計・企画の段階で軽視されやすい。敷地内のスペースにおいては、駐車場の区画割がまず優先され、余ったスペースを駐輪場に割り当てる。この発想でプラニングが行われている。

だから、他にあてがうスペースはない。多くのマンションでは駐車区画や花壇などを潰さない限り、空きスペースは確保できない。貯水槽が敷地内に設置されているマンションでは、給水方式を直結給水方式に変えることで、不要となる貯水槽を撤去し、空いたスペースを有効利用できるケースも考えられる。

いずれにしても容易に事が運ばないのが実情であろう。



私が管理会社時代に提案したのが、共用自転車である。使わなくなった自転車を共用で使用するという提案だ。当然自転車の持ち主には了解を得て有効的に活用させてもらう。持ち主にとっても、撤去費用は掛からないし、管理組合に貢献できる。管理組合としても購入費用が掛からない。互いのメリットがそこに存在したから提案させてもらった。

この共用自転車という発想は、私が小学校の修学旅行で山口県萩市に行ったとき、観光巡りの際に利用した自転車の貸し出しをふと思い出した。

萩市では、長州藩幕末史跡などの観光名所を自転車で回る独特の慣習がある。今でもこのサイクリングは良き思い出として私の記憶の中に刻まれている。

ずいぶん前のブロガーさんの記事になるのだが、参考になる記事があるので興味があれば読んでみるといい。

共用自転車の導入例 ☞ 駐輪場不足対策

 

難しく考えると事は進まない。とりあえずやってみるという発想も必要ではないだろうか。「失敗は成功のもと」である。

 

 

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

それって管理会社がやるべきこと?

  マンションなどの集合住宅では、同じ屋根の下に多くの方が共に暮らしている。個々の生活習慣などの違いにより様々なトラブルが生じ、時として不平不満に感じることもあるだろう。 特にマンション内で …

マンションは管理を買え、それは無理でしょ!

  「マンションは管理を買え!」、この言葉をネットで検索すると関連記事がとても多い。 「マンション管理は買えないだろ!」、「マンション管理は買うものなのか!」と揶揄する者も多い。 マンション …

マンション管理で大切なのはコミュニケーション!

マンション管理で大切なのは「コミュニケーション」だと思う。 理事会役員同士、組合員同士、居住者同士… 管理組合とマンション管理会社との関係とか、管理員との関係においても、コミュニケーション …

マンション管理の予防保全と事後保全について

  マンション管理に「維持保全」という言葉がある。維持保全とは、マンションの安全性を維持する、そんな意味で使用されているのだが、建物や設備の修繕、設備の保守点検、財産管理などがそれに該当する …

マンション管理|ただ安ければいい。この考え方は危険だ!

  マンション管理のコストを削減することは、管理組合にとって負担軽減に繋がる。 だが、削減の仕方を誤ると、ただの「安かろう悪かろう」になってしまう。 マンション管理の削減に関する記事が多く出 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop