管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

大規模修繕

マンション大規模修繕|公募する際の注意点!

2017年8月22日


マンション大規模修繕の設計コンサルタント、施工業者を選定される際、よく用いるのが公募である。この公募というのは、公平性の観点、そして広く業者を募ることが目的となる。

一見すると良い方法に思えるのだが、この公募に際して注意しなければいけないことがある。今回、それについて語る。

 

公募先も色々ある

地方の業界新聞、マンション管理新聞、ネットによる公募など、昨今においては様々な公募方式がある。この公募を取り扱っているメディアはどこも同じではない。

ここで注意しなければいけないのは、設計コンサルタント、施工会社などの関係業者に広く知られているメディアでないと意味を持たないということだ。

私が建設会社時代にマンション大規模修繕の公募(見積り参加者募集)に関する情報を入手するため、業界新聞、そしてマンション管理新聞を購読していた。

建設業者が購読する新聞などのメディアは限られている、ここに注意が必要だ。なぜなら、建設会社が読まないようなメディアをいくら活用しても参加業者が少ないから、特定業者による公募になってしまう。

最近、ネット公募が利用されるケースも多いが、読者の多いメディアでないと公募の意味がない。更にこれを悪用する業者も中にはいる。

例えば、管理会社が自ら工事を受注したいと考えれば、敢えて読者の少ないメディアを紹介したりする。参加者が少なければ管理会社にとって有利に働くからだ。

私の経験上の話になるが、メディアを見ればそこに癒着があるのか察しがつく。読者数の少ないメディアを管理会社、設計コンサルタント自らが紹介しているケースでは、癒着は濃厚と言えよう。

大義をつくりための公募ではないのだ。

公募だから安心、それは間違った考え方である。数千万円、数億円の工事を受注するために業者は必死で裏の策略を考えている。

なので、公募先は管理組合が決めること、そして読者が多いメディアを利用することが肝要である。

 

 


 



-大規模修繕

執筆者:

関連記事

大規模修繕の決議要件について

  2002年の区分所有法の改正により、「共用部分の変更」の定義が変わった。この改定の背景には、建物の維持保全には欠かせない大規模修繕の円滑な実施を図る、その目的がある。 <改定前> 区分所 …

マンション大規模修繕|手抜き工事はこうして生まれる!続編

  平成20年9月に発生したリーマンショック、不動産業界・建設業界に多大な悪影響をもたらした。 マンションデべロッパーの相次ぐ倒産により、新築分譲マンションの建設は、平成19年のピーク時の半 …

マンション大規模修繕|数量のトリック!

  マンション大規模修繕の見積りを確認される際に、どうしても金額の方に目が向けられる。 その金額の算定の基準となるのが単価であり数量である。 単価✕数量=工事金額 今回、その基準のひとつにな …

マンション大規模修繕|涙のバリアフリー対策

  私が管理会社に勤めていたときの話になるのだが、大規模修繕について話し合うため、理事会が開催され、同席させてもらった。 開始早々に理事役員(中年男性A氏)から、このマンションに住んでいる高 …

マンション大規模修繕工事の見積書のチェックについて!

  マンションの大規模修繕において、施工会社から工事見積書を取り寄せても、管理組合内でその中身をチェックすることは決して容易ではない。 大規模修繕工事に精通された方でないと、工事見積書に記載 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop