管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション損害保険

マンション総合保険|保険代理店ここに注意!

2017年8月3日

 

管理組合が加入しているマンションの損害保険、この商品を取り扱っている保険代理店はいくつも存在する。だが、どの保険代理店を利用しているのか、気にする人はほとんどいない。

管理組合の多くが管理会社から勧められたいくつかの保険商品の中から選んで契約しているのが実情であろう。それが当たり前になっている感が否めない。

管理会社は保険代理店を兼業しているケースがほとんどだ。保険手数料も大きいから、管理物件が増えれば儲けも大きくなる。

私も管理会社を立ち上げたとき、出資者から勧められて3つの保険代理店を兼業していた。だから内情は理解している。

損害保険会社の商品は保険料が異なる。そして商品も多様化している。そのような状況下において、管理会社から勧められた「特定の保険商品」を選ぶ、この選択は果たして適切なのだろうか。ネームバリューで選ぶ、これも同じである。

昨年8月にマンション管理新聞に掲載された記事になるのだが、読んでいただきたい。

損害保険に関する記事(マンション管理新聞社)



管理会社は、自社代理店の保険商品しか管理組合に勧めない。ひとつの代理店しか持たない場合は、さらに限定されるということになる。記事にあるように保険商品は多様化している。

最近よく耳にするのが、保険料金の値上げ、無事故の保険料割引、マンションの評価査定による保険料割引、築年数によっては引き受け拒否といった提供者側の異変である。

大地震、未曾有の水災など損害保険会社にとって、想定外の大災害が各地で起きている。特に最近になって、損害保険の考え方が大きく変わっている感が否めない。故に損害保険会社(保険代理店)を限定させないことが肝要である。

保険料は経年により値上がりする。管理費の剰余金があるから大丈夫、それは今だけの話である。数十年後に管理費会計が赤字に転落ということも大いに考えられる。

 

管理費会計の長期的な収支計画を策定することが先を知る上で重要になる。詳しくはこちら👇

管理費会計の長期収支計画を策定すべき!

 

 


 



-マンション損害保険

執筆者:

関連記事

マンション損害保険|業界3メガ損保を知っておこう!

  管理組合がマンションに掛ける保険にマンション損害保険というものがある。保険会社毎にその呼名が異なるが、一般的には「マンション総合保険」と言われている。 保険業界は20年前から自由化、そし …

マンション損害保険|こうすれば保険料は安くなる!

  管理組合が掛けているマンション損害保険の保険料は、適宜改定されているのが実情だ。 ここ数年を見ても保険料の値上げが相次いでいる。 今年1月から改定された地震保険料、今年から3回にわけて都 …

分譲マンション|損害保険は使わないと損!

  マンションの壁の落書き…、そんな光景を目にすることがある。そして1ヶ月後、再びそのマンションの壁を見ると落書きがそのままの状態だ。     それを見てつく …

余白




プロフィールタイトル

著者のプロフィール

02[1]

02[1]

はじましてkurumiと申します。
マンション管理業界、建設業界の裏側を知っていただきたい。そして問題意識をもっていただきたい。元業界人が本音で語るブログサイトです。

バナー画像

バナー画像

おすすめ記事タイトル

著者のおすすめ記事

余白

サイドバナー1

サイドバナー1

余白

サイドバナー12

サイドバナー12

人気記事タイトル

人気記事ベスト10

余白

余白

余白

カテゴリータイトル

カテゴリー

アドセンス広告




ブログランキング参加中/タイトル

ブログランキング参加中

余白

マンション管理バナー

マンション管理バナー2

pagetop