管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

やったことがないから平気で言えるんだよね!

2018年6月18日

 

世の中にあるコンサルタントという職業、中には現場とか実務を知らない人もいらっしゃる。口にするのは簡単だが、実際の現場とか実務を知らない人が、机上の空論で得た知識で助言するのは良くない。

このブログのマンション管理に例えるなら、マンション管理士、設計コンサルタントの先生方がそれに該当する。

コンサルタントは、総合的な判断で最良な提案を行うべきである。それが仕事である。

なので、中途半端な知識で助言されると後で困惑するのは、そう顧客である管理組合である。

マンションの汚れを指摘するのは結構だが、どのように清掃するのか、誰が清掃するのか、お金をどこから捻出するのか、実際にやるとどれだけ大変なのか、ひとつの指摘に対して、その先に様々な問題が生じることを知らな過ぎる。

このケースでは、マンション管理の全体的な見直しを行い、そこから捻出された費用で支払えばいい、なんて簡単に口にするコンサルタントがいらっしゃるが、費用だけの問題ではない。

自主管理が大切だと唱える一方で、その解決を業者に押し付ける、そこで全てが解決すると勘違いしている。マンション管理ってそんなに甘くはない。

実際に自分でやってみる、大変さを知る、その過程や結果を知ることが大切だと思う。

得られた机上だけの知識でマンション管理の助言など行えるはずもなかろう。



これは清掃のみならず、管理規約の改正の提案も同じことが言える。50か所以上の改定の指摘を受け、困惑するのは管理組合である。

既成事実がそこにあったり、利害がそこにあったり、様々なそのマンション独自の問題がそこに潜む。だから、そう簡単には物事は進まない。それ故に現場とか実務を知り、総合的に判断する必要があろう。

提案しておしまい、これがコンサルタントの仕事ではなかろう。その先が管理組合にとって重要になる。

世の中には経験豊富なマンション管理士、コンサルタントも居るだろう。依頼する際は現場や実務を熟知していて総合的な判断が行える先生方に頼まれた方がいい。これはあくまで個人的な意見である。

 

 


 



-語り

執筆者:

関連記事

松下幸之助の名言から学んだこと!

  あのパナソニックを一代で築き上げた「松下幸之助」、経営の神様として称され、彼が残した功績、そして経営哲学は後世に語りつがれている。 私がマンション管理会社の新米時代に、失敗ばかりしてよく …

最近口にしていない言葉…

  人とのコミュニケーションで欠かせないのが、笑顔であったり、謙虚さであったり、感謝の気持ちを持ち続けることであったり、頭では分かっているのだが、年を重ねるごとになぜか失われていく。 これら …

感謝の気持ちは持ち続けたい!

  マンション管理というのは、多くの人に支えられそれが成り立っている。その人たちの協力があるから、安全で快適な暮らしが守られている。   今の私は、何のしがらみのないマンション所有 …

モンスタークレーマーだと決めつけるその前に!

昔からよく耳にする「クレーマー」という言葉、これが最近では「モンスタークレーマー」という言い方に変わってきた。きっと、そこには圧倒的な存在感と影響力を持つ「モンスター」がいるのだろう。もちろん違う意味 …

管理会社という名のレール

  新築の分譲マンションを購入した段階で、既に管理会社が存在する。 任せて安心、その根拠など無いのに所有者たちはひたすら管理会社鉄道に乗り続ける。 管理会社が儲ぐために敷かれたレールに乗って …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop